「ハンターハンター」に出てくる人気キャラクター「カイト」が死亡‼︎?ゴンの兄貴分の壮絶な最後とは‼︎

連載1話からキメラアント編まで登場し、ゴンの兄貴分でジンの弟子、白髪に切れ長の目、腰までかかる程のロン毛に、タートルネックのセーターを着て、ハンチング帽を深くかぶっています。

など、魅力盛りだくさんのキャラクター。

「カイト」に今回はスポットを当てて記事にしていこうと思います。

キメラアント編では、ギャンブル要素の強い念能力で、ゴン、キルアと共に行動もしていたカイト。

キメラアント編で護衛軍のネフェルピトーと戦闘し命を落とします。

そのカイトの壮絶な死に様やその後についてもを記事にしていきたいです。

ネフェルピトーとの死闘に破れ命を落とす

・ピトー戦

キメラアント編がスタートした頃、ゴンとキルアが到着して間もなくキメラアント護衛軍の幹部であるピトーと接触します。

この時に、ゴンを庇いカイトは腕を切断されます。

カイトとピトーがどれくらいの時間戦っていたのかは不明ですが、決着はカイトが死亡したことでピトーの勝利となりました。

カイトの死因は首を切られたことで死亡でしょう。

また、この時にピトーがカイト との戦闘を楽しかたと言っており、生首を抱えているその姿は、カイトによって傷つけられ、少し血を流しています。

また、「僕ちょっと強いかも♡」とピトー自身の強さを気づかせるきっかけにもなりました。

死後操られる人形へ

・ネフェルピトーの操り人形

カイトはピトーとの戦いに敗れて殺されてしまいました。

カイト を撃破したピトーですが、もう一度カイト と遊びたいという思いから自身の念能力でカイトを復活させます。

そこでピトーが考え付いたのが、「壊れたのなら修理すればいい」というものでした。

正確に言うと、命を再生するわけではなく腐敗しないように作り変えて操り人形にすることでした。

これにより、人間の姿として復活するもそこに生前の面影は全くありません。  

これはピトーの念能力『テレプシコーラ』によるものです。

この能力は自身を含む対象を操ることが出来る念能力です。

意志のない操り人形となってしまったカイトは、その後どうやら兵隊蟻の訓練に利用されたようで、全身が傷だらけで見るに耐えない姿となってしまいました。

操られたカイト 

・もう生き返れないカイト 

ピトーが持つ能力は2つで自身や傷ついたものを修理する能力の『玩具修理者(ドクターブライス)』と、ターゲットを操る『黒子舞想(テレプシコーラ)』です。

カイトが生きているように見えていたのは全てピトーの能力によるもので実はすでに最初の戦いで死亡していたわけですね。

 正確に言うと、命を再生するわけではなく腐敗しないように作り変えて操り人形にすることでした。

その事実を知らないゴンはピトーの能力でカイトを復活させることができると信じていました。

しかし、ピトーの能力はあくまで死んだ肉体を修復し操り人形として蘇らせるだけでカイトはもう戻ってきません。

なので、切られた首や腕を縫い合わせて修復することと、肉体の腐敗しないようには出来ても、生き返ることは不可能だったのです。

「ハンターハンター」に出てくる人気キャラクター「カイト」が死亡‼︎?ゴンの兄貴分の壮絶な最後とは‼︎のまとめ

連載1話から登場していて、人気もあった兄貴分キャラクターをキメラアント編で殺すなんて。

冨樫先生も酷なことをしてくれます。

念能力使いとしても稀有な能力者であっただけに、ハンターハンター途中退場は悲しいです。

個人的にはアニメ版で気狂いピエロ(クレイジースロット)を見て喜び、操られたカイトの姿を見て絶望したという感じです。

カイト が死亡した記事はここまでにして、次は転生したカイト についても記事にしたいですね。

『ハンターハンター』を無料で読む方法を公開!

ここからは、気になる『ハンターハンター』を無料で読む方法を詳しく紹介します。

店頭まで買いに行かなくてもすぐに読みたい人やとにかく無料で楽しみたい人はぜひ参考にしてみてください。

漫画『ハンターハンター』がU-NEXTなら無料で楽しめる!

漫画『ハンターハンター』を無料で楽しみたい人におすすめしたいサービスがU-NEXTです。

人気アニメや映画、ドラマ、アダルトなど、日本最大級の動画配信サービスとしての魅力はもちろん、たくさんの雑誌や漫画も楽しめるのも注目して欲しいポイント。

31日間の無料トライアルで600ポイントをもらえば、そのポイントを利用して『ハンターハンター』の好きな巻が手に入りますよ。

新刊を買わず、お家で快適に漫画が楽しめるのは「U-NEXT」ならではの魅力ですね。

無料にも関わらず、違法サイトとはちがって安全に利用できるところも快適です。

↓↓↓今すぐ無料で読む↓↓↓