ハンターハンター✖︎ヒソカ✖︎死んだ?

連載当時から休載している今もなお大人気の『ハンターハンター』。

富樫義博先生が作者の週刊少年ジャンプ連載の少年漫画だ。

今回はこの「ハンターハンター」のおさらいをしていきます。

ストーリーは主人公のゴン・フリークスがハンター試験で出会った魅力的な仲間、キルア、クラピカ、レオリオなどと共に成長しながら難しい試練を突破していくという盛大なバトルファンタジーです。

またこの漫画を語るには念能力についても解説していく必要があります。

念能力とは体から溢れ出す生命エネルギー「オーラ」を自在に使いこなせる力のこと。

使いこなせる者のことを念能力者と呼び、念能力者は一般人はからは天才や超人として特別視されている。

(ピクシブ百科事典参照)

今回はこの漫画の人気キャラクターであるヒソカが死んだと思われるあのシーンを振り返っていきたいと思います。

幻影旅団  ✖︎ヒソカ✖︎裏切り

ハンターハンター史上最も変態戦闘狂といえばこの人をイメージする読者が多いのではと思われます。

ヒソカ・モロウ。

まずはこの魅力的な変態殺人狂について説明していこう。

・ヒソカ・モロウ

ハンター287期生。

66日生まれ。

身長187cm,体重91kg

血液型B型。

年齢不明。

天才的な格闘センスの持ち主で、並みのプロハンターでは束になっても太刀打ちできない。

才能のある強者を「玩具」(オモチャ)と見なし、命がけのタイマン勝負をする戦闘狂。

それだけにとどまらず、強いものを見ると興奮する。主人公のゴンやキルアのことを「美味しそうな青い果実」と言い張り、成長してからグチャグチャにしたいと考えている。元幻影旅団員。

・幻影旅団

活動は窃盗と殺人で、稀に慈善活動もする。危険度Aクラスの賞金首の集団であり、熟練ハンターですら迂闊に手が出せない。

所属メンバーには、0番と112番の団員ナンバーが入っている12本の脚の蜘蛛の刺青が、体の何処かに彫られている。

旅団のメンバーになるには、現役団員を倒した後に入団の意志を示すか、欠員時に団員からの推薦がある事が必須条件となる。

・裏切り

ヒソカは幻影旅団の刺青(蜘蛛)を体に入れていることから、他の旅団メンバー同様にクロロ・ルシルフルに惹かれているものだと思う読者もいたのではないでしょうか。

しかし実はヒソカの念能力、ドッキリテクスチャー(薄っぺらな嘘)で蜘蛛の刺青を体に刻んだと思わせていただけでした。

元々ヒソカの狙いは幻影旅団団長のクロロに近ずくこと。

そう決闘することです。

そのために旅団に入団したように見せかけていただけでした。

 ヒソカ✖︎クロロ✖︎死闘

・クロロ・ルシルフル

特質系能力者

盗賊集団・幻影旅団の団長(流星街出身)

(今回の戦いで重要な能力にマーカーを引いておきました。)

盗賊の極意(スキルハンター) 具現化した本に他人の能力を封じ込め、自在に引き出し使える能力。

盗まれた側はその能力を使えなくなる(同時に2つ以上の能力を使用することはできない)

栞のテーマ(ダブルフェイス) 盗賊の極意(スキルハンター)に栞を挟むことで挟んだページを固定、本を閉じていても能力使用可能。
番の破壊者(サンアンドムーン 太陽の刻印と月の刻印を押し、刻印が合わさると爆発。
転校生(コンバートハンズ) 相手と自分を入れ替える。
栞のテーマ(ダブルフェイス) 本を閉じても能力を使える。
人間の証明(オーダースタンプ) 人形(生物でないもの)を操作できる。
携帯する他人の運命(ブラックボイス) アンテナを刺せば、思うままに操作できる。つまり刺されば終わり。
神の左手悪魔の右手(ギャラリーフェイク) コピーを作成できる。両手を使う。

・死闘

舞台は「天空闘技場」

ハンターハンター34巻にて、クロロ・ルシルフル(幻影旅団団長)とヒソカ・モローの決戦が始まりました。

何と言ってもこの戦いの注目ポイントは頭脳戦です。

クロロは「神の左手悪魔の右手」で量産した観客が「番いの破壊者」と「人間の証明」で動く爆弾化します。

そして「転校生」でクロロの姿になった観客は「携帯する他人の運命」でクロロに操られています。

クロロはいくつかの能力を組み合わせることにより、戦闘が複雑化していきます。

ヒソカは人形の頭部を「伸縮自在の愛」(バンジーガム)で振り回し応戦します。

クロロはその頭部の胴体を発見しており、爆発者(サンアンドムーン)にて爆弾にかえている。

ヒソカが頭部を手にもった瞬間、爆発。

ヒソカは爆発により指四本が吹き飛びます。

ヒソカは新たに分身の頭部を武器にします。そして大勢の分身たちと戦います。そして右足に「伸縮自在の愛」(バンジーガム)をつけますが、分身たちは爆弾になっています。ヒソカの近くで爆発していきます。

ヒソカも爆発に巻き込まれます。爆発で飛び上がっています。

ヒソカ、右足を失っています。足を失った後もヒソカは大勢の分身たちと戦おうとするのだが、ヒソカの近くで分身たちは爆発していきます。

ヒソカ、左足に伸縮自在の愛(バンジーガム)をつけようとするもクロロはヒソカに観客を投げて妨害。

クロロ、観客を何人もヒソカにぶつけ、ヒソカは地面に落下します。爆弾になった分身たちがヒソカに近づきます。しかしここでヒソカの気になるセリフ「どうせ死ぬなら・・・、・・・か❤︎」そして、一斉に爆発。

決戦を制したのは、クロロ・ルシルフル。

 ・ヒソカ✖︎死亡✖︎復活?

・ヒソカ死亡復活

天空闘技場での決闘はクロロ・ルシルフルに軍配が上がりました。

旅団の団員、シャルナークはヒソカの死因は肉の壁と爆発での酸欠による窒息死と推測しました。

しかし、前の項で記述したとうり、ヒソカは死の間際に「どうせ死ぬなら・・・、・・・か❤︎」とつぶやいていました。

そう、ヒソカは死の間際に、死んでから強くなる念を心臓と肺にかけていました。

これは爆発による死ではなく酸欠による死だから生き残れましたね。そして死んで強くなる念により、心臓と肺を伸縮自在の愛(バンジーガム)により伸縮マッサージを始める。

そして、ヒソカ復活。

失った体の部位は伸縮自在の愛(バンジーガム)と薄っぺらい嘘(ドッキリテクスチャー)で再現する。

(この二つの能力は応用力が効くとは思っていたが、応用能力たかすぎじゃね?と思った読者も多いはず。)

そしてヒソカはマチに話す。

「旅団全員に伝えてくれる・・・?今からどこで誰と遭ってもその場で殺すまで闘うとね♠︎

そしてメッセージをマチに託した後、ヒソカの旅団狩りが始まる。

ハンターハンター✖︎ヒソカ✖︎死んだ?についてのまとめ

今回はハンターハンター史上ベスト5には入るであろう勝負をまとめてみました。

やはり人気キャラ同士が闘うのは盛り上がりますね。

ハンターハンターでこんなにも熱い頭脳線が見れるとは考えていませんでした。

ヒソカが復活した時、「やはりこのキャラクターは一筋縄ではいかない魅力的なキャラ」と思いました。

復活したヒソカの旅団狩りが気になりますね。

団長のクロロ ・ルシルフルの今後も木になるところです。これからのヒソカと幻影旅団の活躍に期待しましょう。

関連記事⇒ハンターハンター✖︎ヒソカとクロロ✖︎人気キャラ

『ハンターハンター』を無料で読む方法を公開!

ここからは、気になる『ハンターハンター』を無料で読む方法を詳しく紹介します。

店頭まで買いに行かなくてもすぐに読みたい人やとにかく無料で楽しみたい人はぜひ参考にしてみてください。

漫画『ハンターハンター』がU-NEXTなら無料で楽しめる!

漫画『ハンターハンター』を無料で楽しみたい人におすすめしたいサービスがU-NEXTです。

人気アニメや映画、ドラマ、アダルトなど、日本最大級の動画配信サービスとしての魅力はもちろん、たくさんの雑誌や漫画も楽しめるのも注目して欲しいポイント。

31日間の無料トライアルで600ポイントをもらえば、そのポイントを利用して『ハンターハンター』の好きな巻が手に入りますよ。

新刊を買わず、お家で快適に漫画が楽しめるのは「U-NEXT」ならではの魅力ですね。

無料にも関わらず、違法サイトとはちがって安全に利用できるところも快適です。

↓↓↓今すぐ無料で読む↓↓↓